口コミも参考にしてみる

宿泊するエリア部屋のタイプなどはホテルを選ぶ上で重要なポイントですが、不特定多数の人が利用するホテルでは衛生面を気にする人も多いのではないでしょうか。部屋が綺麗かどうか、水周りは清潔かなど衛生面で気になるところが多いという人は多く、衛生面に関しては実際にそのホテルを利用した人の声を参考にすることで知ることができる場合も多いです。

ネットネット上には全国各地のホテルを実際に利用した人の口コミを見ることができるサイトが多くあります。施設や室内が綺麗かそうでないかなど衛生面を細かくチェックした口コミもあるので参考にすることができます。また口コミでは接客サービスや食事の内容などを書いている投稿者もいるので、ホテルのホームページなどではなかなか知ることができない情報も知ることができ、よりリアルな声を見ることができます。

またオープン、リニューアルなどもホテルが綺麗かどうかに影響します。築年数リニューアルしてどのくらい経っているかなども参考にすることができます。ただしリニューアルの表記がある際に一部リニューアルと書いてある場合はホテル内の一室だけ、ロビーだけ、レストランだけなど一部のみをリニューアルしたということもあるので全体が綺麗かどうか、衛生面は大丈夫かどうかなど気になる場合は気をつけましょう。

部屋のタイプで選ぶ

観光スポット、駅、バス停などから宿泊するエリアを決めると、次に部屋のタイプを考えます。ホテルの部屋と一言で言っても、洋室和室和洋室などの部屋があります。和洋室は用意されているホテルは比較的少ないですが、洋室と和室が1つになったタイプの部屋です。またシングルやセミダブル、ダブル、ツイン、トリプル、フォースなどの利用タイプもあります。一緒に宿泊する人数や子どもも一緒かどうかなどで利用する部屋のタイプは違ってくるでしょう。

部屋例えば、小さなお子さんがいる家族の場合であれば寝ている間にベッドから落ちてしまう危険性を考えて和室を利用したいという人もいますし、カップルやご夫婦、友人同士であれば、ダブルやツインの部屋タイプで十分だという人もいるでしょう。ただし、洋室の場合は3名一室、4名以上一室の場合は部屋をわけることになるホテルもあるので、家族構成や人数を考慮してホテルに問い合わせておくとスムーズに部屋タイプも選ぶことができます

また部屋のタイプには禁煙喫煙かもあります。喫煙をする人は喫煙可能な部屋になっていることで快適に過ごすことができますし、逆に喫煙をしない人にとってはたばこの臭いのしない部屋の方が快適に過ごすことができるでしょう。ホテルで快適に過ごす際にポイントとして喫煙、禁煙も一緒に考慮して選ぶようにしましょう。

アクセスの良さで選ぶ

旅行の際のホテル選びの中でも最も重要と考えるのがホテルの立地です。旅行に行く際には、観光など目的に応じて宿泊するエリアを決めるという人がほとんどです。例えば、一日かけて1つの観光地を訪れる場合や一箇所に長く滞在する場合はやはり目的地や観光地に近いホテルを選ぶことで、移動する距離を短くすることができ、観光地を回る時間も増やすことができます。特に朝早くから行きたいスポットがある、夜遅くまでスポットに滞在するという場合は移動時間が短いことがメリットになります。

スポット1つの観光地、目的地ではなくいくつもの観光スポットを巡る予定になっている場合は、レンタカーを借りるという場合もあるでしょう。レンタカーを借りない場合は電車やバスなど公共の交通機関を利用しやすい立地にあるホテルを選ぶことでアクセスも良く、効率的に観光地を巡ることができます。

駅やバス停に近いホテルであればお土産などを購入しても荷物を持たずに次の観光スポットを楽しむことができます。例えば観光で人気のある大阪ですが、大阪の東急REIホテルはJR大阪駅から徒歩10分とアクセスが非常に便利な立地に存在しています。こうしたホテルであれば、到着してから一旦荷物を預けて遊びに行くことが出来ますし、到着してすぐに休みたい人にも嬉しい条件でしょう。駅やバス停からのアクセスが良好なことでホテルへの行き帰りだけではなく、観光の途中でも便利に利用することができるというわけです。